for english
  • 着物興栄インスタグラム
  • 着物興栄アメブロ
 
 
   
  

トピックス

 

日本古来の伝統技法・絞りの着物とは

「絞り」とは

着物には染めや刺繍など様々な技法がありますが、その中で「絞り染め」という技法があります。

布地を糸で括りつけたり、器具を使って挟んだりすることで防染し、その後染料で染めて複雑な模様を作り出す技法のことです。

シボシボとした立体的な質感と複雑かつ繊細なグラデーションで作られた模様が大変美しいお着物です。

絞りの着物は職人の手作業で行われ、着物全体を絞り染める「総絞り」ともなると膨大な時間がかかります。
もちろん時間だけでなく、職人達の技量も相当です。

手間暇がかかる総絞りの着物は、贅沢品として、江戸時代では禁止令が出されたほどの高級品でした。

現代でもやはり総絞りの着物は「高級品」の部類に入りますので、高価すぎてレンタル店で扱っているところは多くはありません。

お着物好きの方なら、総絞りの振袖は一度は袖を通してみたいと思う、憧れの着物なのです。

職人の手で一つ一つ絞り上げられた着物は、味がありとても優しい雰囲気を醸し出していると思いませんか。

絞りの着物の格は

「総絞りの着物を結婚式に着用しても大丈夫か」という質問を受けることがあります。

絞りの着物には「紋」を入れられないため、正装としてはふさわしくないとおっしゃる意見もございます。

確かに留袖の「第一礼装」よりは格が下になリます。

しかし、振袖や訪問着であれば、結婚式等のフォーマルな場で着用してもなんの問題もありません。

「絞り」は日本古来の伝統的な技法であり、正当かつ高度な技術に裏打ちされた大変価値の高いお着物です。

おぼろ染め絞りとは

おぼろ染め絞とは鹿の毛で作られた刷毛を使い生地をぼかし染める技法です。
濃淡のぼかし加減によって繊細なグラデーションを生み出し、何色も色を重ねて絞りあげる事で、独特の色合いを作り出しています。

なかでも、新潟の十日町市にて作られる「絞り」の着物は一級品です。
当店でも十日町のおぼろ絞りの着物を何着かご用意しております。
試着もできますので、ご希望の方はぜひ下見にいらしてください。

「絞りの着物」にしか出せない独特の手触りや風合いをぜひお楽しみいただきたいです。

着物興栄のレンタルは本物の染め・技法にこだわったお着物を染織デザイナーでもあるオーナーが厳選してレンタルしております。